お祝いのマナーを知ろう

お店を出す人へのお祝い

ギフト

人生にはさまざまなお祝い事が訪れ、周りの人の新たなる一歩をお祝いすることも多いでしょう。そのような場面に出会ったら、先方に失礼のないよう、正しい礼儀作法でお祝いするようにしましょう。開業や開店祝いの場合も基本的なマナーがあります。まずは開店祝いを贈るタイミングです。遅くとも、開業、開店日の1週間前から前日までに贈るのがマナーです。郵送で贈る場合は、早めに手配する必要があります。また、開業、開店祝いに品物を贈りたい場合は、ふさわしくないとされる贈り物を覚えておきましょう。ふさわしくない贈り物として、火事や赤字を連想させるものです。例えば、灰皿、ライター、キャンドル、ストーブなど、また赤い花は避けた方がよい品物です。花や観葉植物は開業、開店祝いの定番商品といえます。特に胡蝶蘭は、幸福が飛んでくるという花言葉を持ち、根を張るという意味で鉢植えの胡蝶蘭の贈り物は人気です。1〜3カ月ほど長く花を楽しめるのもメリットです。観葉植物は手入れがほとんどいらないことがメリットです。ただ、病院や飲食店は、花や生ものを避けるのが無難です。先方がもらって嬉しいものとしては、現金や商品券、ギフト券が挙げられます。なにかと出費の多い開業、開店時ですし、他の人と贈り物が重複しないということも喜ばれる理由です。金額がわかることに抵抗がある人は、カタログギフトを利用するのもおすすめです。贈り物をするときには相手の欲しい物、喜んでもらえるものを贈りたいものです。相手との間柄にもよりますが、必要なもの、欲しい物を聞いてみる、というのも確実な方法といえます。

お店に合ったアイテムを

プレゼント

開店祝いは、新しくお店をオープンさせるときや、会社が新しく営業所を増設したときなどに贈るものです。開店祝いに最適なアイテムは、お店の種類や贈る人と自分の立場などによって大きく変わりますので、贈る際には注意して選ぶようにしましょう。例えば贈る相手が個人ではなく法人の場合、また大事な取引先などの場合には、お花を贈るのが相場です。なるべく派手で目立つ色のものを贈りましょう。開店祝の文字と、自分の会社の名前もきちんと印刷して、花にさしてもらいます。また、時計やロッカーなど法人のオフィスで活用出来そうなものというのも気が利いています。逆に、個人的な友人などに贈る場合は、お店によって適切なアイテムを選びましょう。例えば居酒屋さんをオープンする場合であれば、高級なお酒などが良いでしょう。縁起も良く、お店の雰囲気にも合っています。また、例えばおしゃれな雑貨屋や服屋などであれば、法人と同じく花などが良いでしょう。ただし、大きく派手なものでなくてもよく、お店の雰囲気に合った、小さくてもオシャレなものを贈ることがおすすめです。他にも、お菓子や食べ物などもおすすめです。そこまで親しくない間柄の人であれば、他の人がかすまないよう食べたらなくなる食べ物系にとどめておくことが無難です。このように、開店祝いの贈り物は立場やお店によって適切なものが変わります。そのお店に合った開店祝いを贈り、新しい門出をお祝いしましょう。

喜ばれるものとは

ギフト

新しいお店をオープンするのは人生に何度もあることではなく、多くの人にとって一大イベントとなります。取引先ならばもちろんのこと、何らかのつきあいがある人ならば、開店祝いを贈ると大変喜ばれますし後々の関係によい影響を与えます。とはいえ開店祝いを贈る機会もそう多くはないので、選び方がわからないという人が大半です。開店祝いを選ぶときは相手に喜ばれるものや開店祝いとしてふさわしいものを基本とし、お店の様子やオーナーの好みにより品物を選び分けるのが大切です。まず考えるべきは予算です。取引先ならば3〜5万円程度、友人なら5000〜1万円程度、身内なら1〜5万円程度が目安です。身内といっても、子供などの年下の存在か、親や叔父叔母などの年上の存在か、いとこや兄弟などの同じくらいの年齢層かによって金額は変わるので注意しなければなりません。開店に必ずいるのは資金です。そのため、そのものずばり現金や商品券、カタログギフトなどを贈るのも一つの手です。目上の人に現金は失礼とされているのでその点は注意しましょう。花や観葉植物も定番です。飲食店だと香りや花粉が気になるものはおけないこともありますし、大きすぎると場所に困るのであらかじめ確認してから贈るのがおすすめです。飲食店ならばお酒やお菓子なども喜ばれます。お店に置くものであれば在庫にすることもできますし、お菓子はスタッフのおやつにもなります。家電、文房具といった実用品もおすすめですが、重複するとじゃまになることもあるので、こうしてものは確認してからの方がよいでしょう。

プレゼントやお礼に最適

フラワーアレンジメント

名古屋の花屋は、お花を買う人の目的に応じたサービスを展開しています。プレゼントで選ぶ人や、自宅用のお花として買う人も多いでしょう。また何かのお礼の品として、可愛いブーケを買う為に訪れる人も多いです。名古屋の花屋には、様々な理由で花を購入する人が訪れています。

もっと読む

新規開店を華やかに演出

女性

新規にお店を起ち上げる時に大事なのが開店祝いです。お店にとっては宣伝になりますし、送る側にとってはお店との業務関係にも影響してきます。一般的な開店祝いは花輪ですが、店内に飾るなら胡蝶蘭の鉢植えが最高です。お店商売は宣伝が大切なので、開店祝いをオリジナリティーのあるものにするとより効果的です。

もっと読む

商品と購入方法が選べる

フラワー

名古屋の花屋はセンスの高さが評価されており、豊富な品ぞろえで目的に合わせた商品が入手しやすいと好評です。バラの花束を例にした場合、3千円前後から1万円以上まで幅広く注文できます。アレンジも同様の価格帯で購入可能です。通販は距離によって送料が変動します。購入額によっては送料無料の花屋もあります。

もっと読む